天然精油の種類と効能

セサミオイルを使用した製品をいろいろと探していると、かなりよく見かけるのが「天然精油」とのブレンドです。
セサミオイルは天然のゴマ(セサミ)をそのまま保存料や香料などを加えず抽出したものですが、単品使用する場合ばかりでなく他のハーブやアロマと組み合わせて使うことがよくあります。

本場インドでのアーユルヴェーダにおいてはむしろ、その人の体質や好みに応じてセサミオイルに何らかの成分を配合して使うことがひとつの技術として確立しているほどなので、より本格的なセサミオイル使用を目指すならアロマやハーブの知識は欠かすことができません。

ですが日本国内では東南アジア原産のハーブやアロマをそのままの形で手に入れるというのはかなり難しくなっています。
そこで広く使われているのがそれらの天然成分をあらかじめ抽出・配合した精油(エッセンシャルオイル)です。

精油とは、天然由来の材料である植物の花や葉、果皮、種子、樹皮、樹脂、根などを使い余計なものを一切加えず成分を抽出した液体のことを言います。
セサミオイルと同じく自然の素材とぎゅっと凝縮したものとなっているので、独特の芳香があり高い効果を実感できます。

精油の使用方法はさまざまにあり、身近なところでは数滴を専用の機器に垂らして使うアロマがあります。
水で希釈してスプレー状にして室内や洋服に吹き付けることで簡単な香水にするということもできます。

精油の成分は先ほども述べたように非常に沢山の素材からなっているため、どんな植物のどの部分を使用するかによってまた効能が分かれてきます。

セサミオイルと合わせて使用する場合には、プロの場合なら独自に天然のセサミオイルと各種精油を取り寄せて自分で配合をしていきます。
ですが一般家庭で使用する場合にはいちいちそれらをたくさん買い集めるのはなかなか大変です。

そこでおすすめになるのが、定番のブレンドを先にメーカー側でやってくれている製品です。
セサミオイル製品を探していくと「精油ブレンド」となっているものをいくつか見つけることができます。

マッサージやクレンジングオイルとしてセサミオイルを使用する場合にも、純粋なセサミオイルの代わりにそうした配合済みのものを使用するとまた香りという別の楽しみを感じつつ使用していくことができます。

定番精油としては、リラックス効果の高いラベンダーやゼラニウム、気分をスッキリさせてくれるグレープフルーツやレモン、またはリフレッシュ効果のあるティートリーやユーカリといったものがあります。