セサミオイルを利用したエステサロン

肌に優しいセサミオイルは、もともとインドの伝承医学である
アーユルヴェーダの中の治療方法として使われてきたものです。

アーユルヴェーダでのセサミオイルを使ったマッサージでは、
オイルを肌に直接塗布しながら、もみだしていく方式でのマッサージを行います。

この時、もみだしていく力が比較的強い力で行われるのがアーユルヴェーダの特長です。
力強い手つきでグッグッともみこんでゆくことでよりセサミオイルが肌内に浸透しやすくなり
、細胞が元気に活性化されていきます。

そんな専門のアーユルヴェーダ施術を受けるために最もよい方法は、本場インドのサロンに
通うことですが、さすがにしょっちゅうインドにまで出かけることはできません。
ですが、日本国内にいても専門の技術を習得したスタッフのいるエステサロンがあります。

アーユルヴェーダに限らずマッサージをすることで血行がよくなることはよく知られていますが、
それに血行促進成分のあるセサミオイルを同時に使っていくことで、より効果が高まっていきます。

実際にセサミオイルを導入しているインドエステ専門サロンがあります。
参考サロン:リゲルグランドのインドエステ
自分ではマッサージしにくいふとももの後ろや二の腕なども、
プロにお願いすることによって、本場に近い高い技術の施術を受けられます。

血行を促進し、細胞の代謝を促すアーユルヴェーダのマッサージは、
特にセルライト除去に大きな効果があると高い評価を受けています。

セルライトの原因は、一度皮下脂肪として定着してしまった細胞が、
内部で肥大化してしまい、細胞同士をつないでいる毛細血管をふさいでしまっていることです。
セルライトケアのやっかいなところは、通常の食事制限や運動だけでは改善ができず、体重の
減少そのものには成功をしても、体型の崩れまではカバーができなくなってしまうという点です。

むしろ若い時期に無理な食事制限などで激ヤセした人がリバウンドをしたときに、
急激に肥大した細胞によって起こることが多く、ダイエットの努力をするほど
セルライトが進行するという悪循環サイクルにはまりこんでしまうという可能性すらあります。

その点、セサミオイルによるもみだしマッサージで、皮下の細胞を活性化させ、
一度はふさがった毛細血管を蘇らせてくれる働きが期待できます。