ゴマアレルギーとセサミオイル

セサミオイルの効能について語るとき、
気になるのが最近増加中という「ゴマアレルギー」です。

ゴマアレルギーとは子供に多く見られる食品アレルギーの一つで、
ごまが含まれる食品を食べてしまうと湿疹など体に異常が生じてsまいます。
食品アレルギーが起こりやすいのはゴマの他、ナッツやそばといった食品です。

アレルギーが起こるしくみとしては体内にその食品に対してのアレルゲンができてしまうことにより、
体内にそれらの物質が入ってきたときにアナフィラキシー様症状というショックが起こるようになってしまいます。
アレルギーは重度のものになると呼吸困難など生命に危険をもたらす状態を引き起こすこともあるので、
決して軽く見ることはできません。

しかし一方でゴマを使用したセサミオイルは肌などにアレルギーを持つ人にとっても
安心して使える数少ない製品と言われています。

そこで気になるのは、セサミオイルをゴマアレルギーを持つ子供に使用した場合に、
ショックを起こすことはないのかどうかです。
ゴマアレルギーが急激に増えている原因のひとつが、
ゴマアレルギーとアトピー性皮膚炎は大変深い関連を持っているということです。

つまり生まれつきアトピー性皮膚炎を持っている子供がゴマを食べてしまったときに
ゴマアレルギーを発症しやすくなっており、アレルギー体質をより深刻化させてしまうことになります。
しかしゴマアレルギーの原因となっているのはゴマそのものではなく、
海外から輸入しているゴマに含まれている残留農薬や防腐剤といった防腐剤ではないかという意見もあり、
純正の天然成分100%のゴマを使用した場合にはアレルギー反応は出ないという報告もあります。

ですが、ゴマを原料とし生成するセサミオイルの場合、
オイルという製品の特性上どうしても酸化をしやすいという特徴があるため、
アレルギーの原因を作りやすい成分に早くなってしまうということがよくあります。

まだ完全にアレルギーと食品との関連は解明されたわけではなく、
実際に子供のときの摂取状況が必ずしもアレルギー体質を生み出してしまうことになるかどうかということは
はっきりとした関連性がわかっているわけではありません。

もし子供さんにセサミオイルを使用するときには、
使用後にアレルギー反応が起こらないかをよく観察するようにし、
異常が見つかったらすぐに医師の診断を受けましょう。
また使用するオイルには化学成分のない天然素材のものを使用するようにしてください。