セサミオイルでキュアリング

セサミオイルはインドエステでのマッサージに多く使用されますが、専用のオイルを購入することで日常的なケアに利用することもできます。
自宅でできるアーユルヴェーダによる日常的なケア方法のことを「ディナチャリア」と言いますが、そこでセサミオイルはキュアオイルとして重要な役割を果たします。
セサミオイルをキュアオイルとして使うには、専門にキュアオイル用として使用できるものを購入するか、または市販の太白ごま油をキュアオイルとして使用できるようにちょっとした加工を加えるという方法とがあります。
太白ごま油は市販されているごま油に比べて精度が高く、不純物が少ないことが特徴のごま油です。
キュアオイルとして使用するときには、専用のオイルを購入するよりも太白ごま油を自分で加工する方がずっと価格的にお得なので一度試してみることをおすすめします。

太白ごま油のキュアリング方法は簡単です。
用意するのはステンレス製もしくは土鍋で、そこに必要な分量の油を入れて弱火で加熱します。
ゆっくり時間をかけて温め、油の温度が100℃になったところで火をとめて鍋をおろし、また時間をかけて冷やしていきます。
粗熱がとれたら保存用の遮光ビンに入れて、冷暗所に保存するようにすればできあがりです。
キュアリングとは言い換えればこの一度の加熱処理のことで、一度熱を加えることで油の成分が安定しごま油の中に残っていた不純物がなくなります。
一度キュアリングをした油は丁寧に保存をすればかなり日持ちをするので、大きな瓶に入れて保存をして毎日少しずつ使うとよいでしょう。
ちなみにキュアリングしたあとの油を料理に使うことももちろん可能です。
その場合、キュアリング前の状態よりもより味がまろやかになり体内に健康物質が入りやすい状態になります。

キュアオイルとしたセサミオイルの日常ケア方法としては、お風呂上りなど毛穴が開いたときに肌に塗りこんで吸収するということの他、頭皮につけたりうがいに利用したりというやり方があります。
メイク落としや美容液として使うこともできるので、それまで別々に洗顔液や保湿用美容液を利用していた場合はキュアオイル1本ですべてできるようになります。
アレルギー体質の人には特におすすめで、気になる部分に日常的に塗布していくことで自然に肌質がよくなっていくことが期待出来ます。
ただ、つけはじめのころは急に肌内の細胞が活発化するので、健康な肌質の人も少しかゆみを感じることがあるようです。